お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

お役立ち情報

私立高校出願状況

県内私立高校45校の1次募集出願状況が発表になりました。

定員9,558人(前年同期比30人増)に対し、35,257人(前年同期比603人減)が出願。平均倍率3.69倍(前年3.76倍)

 

入学試験は10日(土)に行われます。

 

公立校進学志向が強い兵庫県では滑り止めの役割が強く、併願受験者が圧倒的に多いのが現状。

公立高校普通科は複数志願制のため第2志望まで合否判定を受けることができ、入学をキャンセルできないため

ほとんど公立高校へ進学してしまう。

 

私立高校は、それを見越して、定員の7~10倍の合格を出します。

 

今年は星城高校が出願者を増やしています。

神戸野田高校は依然として高い人気を維持しています。

 

その他の西神戸、姫路の私立高校は全体的に出願者が減少傾向です。

 

ただ近年、私立高校は新校舎(東洋大姫路)新キャンパス(神戸学院付属)新コース(滝川第二)など様々な改革を行って専願で受験する生徒も多くいます。

 

今後も私立高校の動向から目を離せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

倉本の塾長ブログ

一覧トップへ