お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

お役立ち情報

減り続ける公立高校の募集定員!

第3学区の中学3年生

平成26年は9733人

今年、平成30年は8749人

この5年間で約1000人減りました。

兵庫県全体では約4000人減っています。

 

少子化の流れは速いですね。

毎年、第3学区だけでも200人ペースで

兵庫県全体では800人ずつ

中学3年生は減り続けている計算になります。

 

これに伴って公立高校も定員を減らし続けています。

今年は

明石、明石北、加古川西、東播磨が40人ずつ定員を減らしました。

第3学区で7クラス280人の定員削減です。

 

ついにすべての第3学区全日制普通科も300人を切りました。

 

今後もこの状況は続き、1学年200名5クラスになると予想されます。

 

 

そして、2020年私学授業料が無償化されます。

私学の専願者はますます増えると考えられます。

現在は16.8%ですが、23%が私立を専願するのではないかと考えられます。

大阪府では2011年 私立高校授業料助成で専願した生徒の割合が21,46%から27.2%に増えました。

 

そうなると公立高校の統廃合が始まります。

どの学校がなくなるのか、統合されるのか…

 

どこの学校か予想はしませんが、心配ですね。

倉本の塾長ブログ

一覧トップへ