お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

お役立ち情報

数学は暗記!

こんにちは、セミナークレストの椎葉です。

今日はある人から聞いた話を書きます。

 

 

彼が高校生のとき、本屋さんである参考書の帯に書いてある言葉に違和感を感じたそうです。

そのときの言葉が「数学は暗記だ!」だった。

彼は当時から数学が好きで、その後も大学で数学を学び、高校で数学を教えることになります。

そんな彼が教師として数学を教えていくにつれて、「数学は暗記だ!」というのは間違っていないことに気付いていきます。

数学が苦手な人に共通しているのは、言葉をしっかりと覚えていない、ことだと感じました。

たしかに言葉を覚えていなくても、先生の説明を聞けば問題を解くことはできます。

しかし、自分ひとりではつまずいてしまう生徒がいます。

その人はしっかりと言葉を覚えていないからです。

そのために、彼は問題ごとに言葉の説明をするそうです。

どういった授業がいいか、答えは分かりません。

ただ1つ言えるのは、ゴールは生徒が一人の力で問題を解く力を身に付けることです。

そのために彼が高校生のときに違和感を感じた言葉は正しい、と今では思えているそうです。

 

 

これから数学を勉強される皆さんは少し参考にしてもらいたいと思っています。

勉強法

一覧トップへ