お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

お役立ち情報

4年後(現中3)の英語の大学入試は4技能に変わります!

2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語がどうなるのか?

方針が示されたのでお伝えします。

 

当初の4年間はセンターが作成するマークシート方式の試験と、

英検やGTECといった民間検定試験

の双方を、一般入試の全受験生に課すことななりました。

 

国公立大を受ける人は全て両方とも受験しなければならず負担は大きくなります。

今後、私立大の入試にも大きく影響しそうです。

 

 

従来のセンター試験はは「読む」「聞く」だけでしたが、

民間検定は「話す」「書く」を含めた4技能を評価します。

 

これにより今の中3が高校生になる来年度の高校の授業は変わらざるを得ない状況になります。

従来の授業からスピーキング力をより重視したものになります。

中学生の授業も変わっていくことでしょう。

 

その4年後、現小5が受験を迎えるころには英語は民間検定のみになります。

 

 

英語の学力の評価は大きく変わります。

スピーキングの育成が英語教育の核になっていきます。

 

我々も授業の在り方や対策をしっかり考えて準備していきます。

倉本の塾長ブログ

一覧トップへ