お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

お役立ち情報

特色選抜って何?

特色選抜って聞きなれない言葉ですが、

特色選抜とは

全日制普通科の学校で

特色ある教育内容に即して、生徒の個性、優れた面だけでなく、特別活動や学校外での活動も評価する選抜方法です。

合否判定方法は推薦入試と同じで受験希望者全員に面接を実施し、必要に応じて実技試験、小論文を実施します。

 

日程は公立一般入試の1か月前

推薦入試と同じ日程で行われます。

 

推薦入試との大きな違いは2点

・推薦入試は専門学科、特色選抜は全日制普通科です。

・中学校の校長の推薦状がいるのが推薦入試、いらないのが特色選抜です。

 

 

特色選抜は第3学区でもたくさんの学校で実施され難易度も様々です。

学校の成績(内申書)と面接がありそれ以外に学校独自のテストを課す入試の方式です。

 

一般入試のように5科目のテストをしない分、やはり学校の成績が大切

 

加古川西高校 国際市民類型

国際人養成のための類型で面接と英語面接を行います。

通知表合計は38以上が必要です。

 

東播磨高校 自然と人間探究類型

理系の教育力を入れている類型で小論文が課されます。

通知表合計は36以上が必要です。

 

高砂南高校 文理探求類型

大学を目指すための類型で作文が課されます。

通知表合計は31以上が必要です。

 

播磨南高校 芸術保育類型

保育士を目指す類型で実技として音楽か美術があります。

通知表合計は28以上が必要です。

 

高砂高校 スポーツ類型・看護医療類型

看護師を目指す人や部活動をがんばりたい人のための類型で作文が課されます。

通知表合計は28以上が必要です。

 

松陽高校 地域スポーツ類型

地域のスポーツ指導者を育てる類型で運動能力テストがあります。

通知表合計は27以上が必要です。

 

 

これら特色選抜はコースや専門学科でなく普通科ですから特別な授業は週2~4時間程度です。

レベルも志願変更がないため倍率により難易度が大きく変わります。

 

ただ、1カ月早く進路が決まるのは大きな魅力です。

そのため人気の入試パターンです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はいつでも相談してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉本の塾長ブログ

一覧トップへ