お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

お役立ち情報

公立高校入試を考える。中学3年生の推移!

今年の中学3年生は公立中学で47,790人

生徒数は減り続け、ピーク時の団塊ジュニア世代の半分以下になりました。

今後もこの状況は続くとみられ

 

第3学区の公立高校では中学3年生が約100人しか減っていませんが

今年240人の定員を減らします。

ほとんどの学校で1学年7クラスになります。

 

 

兵庫県全体でも少子化に流れに統廃合をしてきました。

神戸では2009年 鈴蘭台高校と鈴蘭台西高校が神戸鈴蘭台高校へ

2011年 須磨高校と神戸西高校が須磨翔風高校へ統合されました。

工業などの専門学科、定時制ではさらにハイペースで統廃合が進んでいます。

 

 

加古川や明石の公立高校は統廃合をせず

定員を減らすことで対応してきましたが今後1学年5クラスの公立高校になることも十分に考えられます。

部活動はさらに減り、学校活動のスケールはさらに小さくなっていくことになります。

この少子化に歯止めがかかり、1学年10クラスの公立高校に復活してほしいですね。
 

★合格体験記はこちら

 

・粘り強くやる!結果は後からついてくる

・繰り返しできるまで覚えるまで何度でも

・いっしょにがんばる仲間がいたからがんばれた!

・今がんばらないときっと後悔する!

・こんな生徒は必ず成績が上がる!!

・勉強が未来を切り開いた!!

・夏からの大逆転!!

・本気の目標が行動を変えた! 

・挫折を乗り越えた気持ちの強さ!!

・1日10時間クレストが勉強部屋だった!

・200番からの挑戦! 

・がんばればがんばるほど成績が下がる

・剣道で鍛えた精神力で合格を勝ち取った!

・亡き父の母校へ!

・こんな3年間が送れたら・・・

・北高!俺は帰ってきたぞ!

・加古川西合格!でも、後悔…

・もっと早く気付いていれば…

・E判定から逆転!

・神戸高専合格!! 絶対にあきらめない!自分との戦い

・努力は報われる!高専合格!

 

★大学受験情報はこちら

 

・平成30年度 大学合格実績 国公立7名 関関同立10名

・2030年までに姿を消す可能性の高い職業

・なぜ、学校で何百時間、塾で何十時間も授業を受けて成績が上がらないのか?

・2020年度大学入試 大学入試共通テストへ記述を導入!

・AO入試とは?

・英語の大学入試は4技能に変わります!

・私立か⁉️国公立か⁉️ 大学選びで大切なこと!

 

★高校受験情報はこちら

 

・公立高校説明会 加古川西高校

・特色選抜って何?

・「夙川学院」が「須磨学園」と提携

・平成30年度公立入試の平均点が公開されました!

・平成31年度入試制度の変更点

・受験前にかけてあげてほしい!勇気を与える言葉

・受験前はイメージ力が決め手!

・公立高校入試を考える! 中学校でどれくらいの順位にいれば行けるのか?

・受験直前に大切なこと  ココロのブレーキを外せ!

倉本の塾長ブログ

一覧トップへ