お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

お役立ち情報

公立高校入試を考える! 中学校でどれくらいの順位にいれば行けるのか?

レベルの違いはありますが

今回はどれくらいの順位にいれば公立高校に進学できるかについてお話します。

 

グラフからも分かる通り中学生3年生の4分の3が公立高校に合格します。

 

じゅあ学校で4分の3以内の順位にいるから大丈夫!!

 

でしょうか?

 

違います!!

 

 

私立高校のない但馬地域ではほとんどが公立高校に行けます。

西播や北播でも地域により同じでしょう。

 

またここには定時制も含まれますし、工業など専門学科なども含まれます。

 

 

それを考えると公立普通科に行くのは半分程度と考えるのが妥当です。

多く見積もっても6割以内です。

実際、中学校の進路指導を聞いていてもそう感じます。

 

ですから、何とか公立に行きたいと考えるのであれば

学校で半分以内にいることが必要です。

 

 

通知表でいうとオール「3」が必要です。

 

 

今、「2」がある人は必死でがんばってください。

「2」は、才能なし、努力だけで「3」にはなります。

 

 

 

 

 

 

 

倉本の塾長ブログ

一覧トップへ