お電話からの
お問い合わせはこちら

079-432-6633 受付時間 10:00〜17:00

ブログ

ケアレスミスをなくすには!

あなたが日常生活でミスをする時って どんな時ですか?

携帯忘れた!財布忘れた!

そんな時は決まって

時間に追われていたり 何かあわてていた時が多くありませんか?

私も時間に追われ焦って

反対方向の列車に飛び乗ったり

旅行の用意で靴下だけを忘れたりします。

 

これは試験も同じで、 あせればあせるほど、ケアレスミスが増えます。

特に試験中は緊張してるので、ケアレスミスがケアレスミスを呼ぶ状況に陥ります。

そんなプレッシャーのかかった中で ケアレスミスを適切に防ぎ、実力を出し切るには

 

 

 

 

「慣れる」ことです。

 

 

その状況に慣れることで普段通りの力が発揮できるようになります。

 

 

では実感していただくために

最近受けたテストと答案用紙を用意して下さい。

 

その中からケアレスミスを探してみてください。

+-の符号の付け忘れ

途中の計算ミス

ピリオド、コンマ、クエスチョンマークの忘れ

記号で2つ選ぶところ1つしか選んでいない。

 

いつもはできるのに・・・

こんなにもミスしてたんだ!

 

とまずはケアレスミスの多さに気づきます。

わかっているのにできないほど、悔しいものはありません。

 

これが受験本番なら

悔やんでも悔やみきれません。

 

 

それでは「ケアレスミス」のなくし方です!

 

問題を解く時間を 「ストップウォッチで時間を計る」

 

回答時間をストップウォッチで 計測するだけです。

日ごろからストップウォッチで時間を計り、 2分、5分という短い時間から10分、20分と長いスパンに区切って

プレッシャーをかけながら勉強することで、その状態に慣れさせ ミスを減らせていくのです。

焦る状況に慣れることで自分のミスしやすいところも分かります。

 

一番ダメなのは

これ分かってたからOK!と軽く考え対策をしないことです。

 

クレストの授業では常に時間を計って解かせています。

ミスも実力、ミスをなくすのも弱点補強だからです。

 

 

まずはストップウォッチでプレッシャーをかけながら勉強することを

ご家庭でもやってみてください。

 

倉本の塾長ブログ

一覧トップへ